初めて使うAndroid版

a028.jpg

環境を確認します

  • Android 1.6 DONUT API4 以上
Android9でも使えます条件あり
  • 権限は下記です
android.permission.WRITE_EXTERNAL_STORAGE,android.permission.READ_EXTERNAL_STORAGE
SDカード読み書きするため
android.permission.INTERNET
インターネット通信するため
android.permission.RECEIVE_BOOT_COMPLETED
端末起動時に実行するオプションのため
android.permission.ACCESS_NETWORK_STATE,android.permission.ACCESS_WIFI_STATE
WiFiやモバイル接続に応じ自動でプロファイル切り替えする機能のため
  • SDカード使用推奨します
    • 非root端末でSDカードないとファイルやり取りが非常にめんどくさいです
      SDカードあると直接/LAN経由いずれでもini他ファイルやりとりが楽です
  • socks+OpenSSL,Http(s)UrlConnection(インポートでlibcurlも)を使用してます
  • モジュールは次を用意しています
arm系
armeabi,armeabi-v7a,arm64-v8a
x86系
x86,x86_64
mips系
mips mips64 mips系は見たことないですが
  • ウィルススキャンソフト,ファイアウォールソフトとの併用を 可能なら勧めます

Android専ブラアプリの機能と条件を確認します

  • DetourをAndroid専ブラアプリで使用するにはアプリに Proxy設定が必要 です

ファイルをダウンロードします

  • ウィルススキャンの実行

ファイルを解凍します

同梱ファイルについて

Android\detour.apk
Android用に作成したapkファイルです
diffAndroid.txt
Windows版との違いのドキュメントです
filelist.txt
モジュール詳細です
history.txt
モジュールの更新履歴情報です
readme.txt
ドキュメントです
sample\DetourCA.crt,DetourSV.5ch.net.crt,DetourSV.5ch.net.key,DetourSV.2ch.net.crt,DetourSV.2ch.net.key
API対応アプリでDAT関連機能を使うための動作確認用CA証明書,サーバ証明書サンプルファイルです
API対応アプリでDAT関連機能使わない場合は必要ありません
非API対応アプリではもちろん必要ありません
sample\ua.txt
ユーザーエージェントをランダムに選択できる確認用ファイルです
おπ規制に巻き込まれたらDetourに設定することで規制を回避できる可能性があります

Detourを設定します

  • AndroidOS設定の「提供元不明のアプリ」をチェックします (Android7まで)
    • GooglePlay配信アプリではないため
      a001.jpg
  • SDカードがある場合はセットしておきます
    • detour.apkやWindows/WM版のDetour.iniがある場合はコピーしておきます
      iniはファイル名から「x64」や「9X」「WM」などとって「Detour.00.ini」のようにリネームしてください
  • detour.apkをAndroidに配置してタップしインストールします
    • 警告が表示された場合は確認しよければ続行します
      a031.jpg
    • 権限を確認してください
      a002.jpg
    • Android1.6では「電話/通話」権限が間違って表示されるのを確認しています
      a010.jpg
    • この権限は指定していないので気になる方は逆コンパイル後AndroidManifest.xmlを確認してください
      a011.jpg
  • Detourをタップして起動します
    a003.jpg
Windows/WM版のDetour*.iniがある場合
その他-Detourの情報を確認するで保存パスをメモします
a004.jpg
タップで保存パスを取得できます
メイン画面で戻るキーではい選択でいったん終了します
a009.jpg
ファイラーなどで保存パスにiniを上書きコピーします
新規設定する場合
通信-DAT関連設定をするメニューで下記の通り必要に応じて欄を埋め戻るキーで戻ります
  • 各設定するためのメニューはタイトル右「≡」ボタンタップで表示されます
    a046.jpg
    Android2以下はメニューキーでメニューが表示されます
    a047.jpg
  • 通信-DAT関連設定をするメニューで必要に応じて欄を埋め戻るキーでで保存します
    最低限必要な設定項目は次のとおりです
    この項目だけは検索して調べて設定してください

    2ch dat api proxy ua 設定 例 - Google検索

  • どのモード(HTML,API,JSON)で使用するか
    a005.jpg
  • HTML,JSONモードの最低限必要な設定項目
    User-Agent(ユーザエージェント)
    a006.jpg
  • APIモードの最低限必要な設定項目
    User-Agent(ユーザエージェント)
    APPKey,HMKey
    a007.jpg
  • 書き込みが吸われるなど防止するため下記のチェックもおすすめします
    5ちゃんねる通信のUAを置換する
  • 戻るキーで設定保存しているため画面反映が遅いですがそのままお待ち下さい
  • メイン画面で戻るキーでいったん終了します
    a009.jpg
  • 再度detourをタップして起動します

書き込み規制を可能なら回避するできるようにする

  • 運営が実施している書き込み規制のうち特定のユーザーエージェントUAを規制判断にしている場合回避できる可能性があります
    下記を参照してみてください

2ch専ブラアプリを設定します

専ブラアプリのProxy設定

  • 使いたい2ch専ブラアプリのProxy設定を下記に設定します
    専ブラに書き込みProxy設定があれば同様に設定します
    専ブラの画像取得Proxy設定などがある場合はdatに関係ないので設定不要です
    a008.jpg
    Proxyアドレス	127.0.0.1
    Proxyポート	変更していなければ9436
    		変更していれば通信-Proxy関連設定をするで設定した値

専ブラごとの設定

  • 専ブラごとの設定は左の MenuBar や下記から参照してください

API代理通信でAPI対応専ブラで全機能使えるようにする

  • API対応専ブラでDetour全機能を使うために下記を参照してAPI代理通信を使用できるようにします

必要があれば設定します

Detourの通信メニュー設定

サーバ関連の設定
通信処理を簡略化する
個別Proxyリストで接続先を変える
  • サーバ関連の設定
    APIモードを使用する場合API-SERVERの値を確認します
    a039.jpg
    api.5ch.net:443 (2018/2/7以降)
  • 通信処理を簡略化するかどうかの設定
    SOCKETERRORが起きるときはOFF
    今までで問題なければON
    スレ大量一気更新とかはON

その他の設定

機能詳細はreadme.txtを参照してください

  • 接続先Proxy設定
    会社学校などブラウザ使用にProxy設定が必要な場合
  • Detour接続時のIDPASS設定
    セキュリティを高めたい場合
  • OSや専ブラで通信の違いを吸収するためのオプション
    特定のサイトで通信できない場合
    下記Detourの通信メニュー設定を参照してください
  • 使いたい2ch専ブラなどソフトでスレ読み込んでdatファイルを取得してみます

添付ファイル: filea047.jpg 114 download [詳細] filea046.jpg 118 download [詳細] filea028.jpg [詳細] filea039.jpg 178 download [詳細] filea002.jpg [詳細] filea031.jpg 109 download [詳細] filea032.jpg 25 download [詳細] filea009.jpg [詳細] filea003.jpg [詳細] filea010.jpg [詳細] filea001.jpg [詳細] filea007.jpg [詳細] filea006.jpg [詳細] filea008.jpg [詳細] filea005.jpg [詳細] filea011.jpg [詳細] filea004.jpg [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019.12.14